信頼できるかがカギに

女性

取り放題も行われている

ほくろを除去する方法は、炭酸ガスレーザーによる治療が最もポピュラーとなっています。ほくろを除去するときは、機器が角度や距離などを計算して導いてくれる、ため、医師の腕が仕上がりを左右するということはほぼないとされています。したがって、手術のように腕の良い医師を探す努力は必要ありません。美容クリニックを選ぶときは、立地や料金を第一条件にしてもいいでしょう。炭酸ガスレーザーの料金は、クリニックによって差があります。数mmのほくろ除去の場合、1万円以下が相場ですが、4、5千円くらいで行えるクリニックも少なくありません。何箇所かほくろを除去する場合は、この費用差は大きいのではないでしょうか。しかし、費用に釣られて治療して、後悔するのは避けたいところです。炭酸ガスレーザーは技術に差が出にくいことは前述した通りですが、絶対に傷痕が残らないわけではありません。ですから、すっかり綺麗に取れると断言する医師や、再発の可能性はないと言う医師などはいささか心配です。どの治療も完璧ではないため、デメリットや副作用などの負の作用についても欠かさず説明することが医師の務めといえます。また、もし傷痕などが残ってしまった場合の対処法やアフターサービスについても聞いておくと安心です。前述したように、炭酸ガスレーザーでほくろ治療を行う場合の相場は1万円以下です。そして、5mm以内であれば1万円の画一料金とするクリニックもあれば、1mm未満であれば5千円という料金を設定しているクリニックもあります。この他にかかるのが、千円から2千円ほどの初診料や再診料、テープ代などです。クリニックによってはほくろ取り放題コースを用意していて、顔に沢山出来て困っている方に喜ばれています。また、同時にいぼやシミを取ってもらえるクリニックも少なくなく、料金は5万円以下が相場です。除去したものの数が多いほどアフターケア代がかかる傾向にあるので、事前に確認すると安心です。炭酸ガスレーザー治療後は、ほくろがあった部分がぽっかりと穴が開いた状態になります。日が経てば自然に治りますが、色素沈着が残ったという人は珍しくありません。クリニックでは美白剤を処方するなどして対処しますが、別のレーザーを当てて消す方法も取られます。もちろんこれらにかかる費用は自己負担です。色素沈着が残った場合も、数年後に綺麗になる可能性があります。年齢が上がるごとにターンオーバーの周期が遅くなるので、焦らずに待つのも一つの選択です。色素沈着のようなトラブルはあっても、長く悩んでいたほくろが除去できて良かったと感じる人が多いです。

Copyright© 2018 ほくろを治療して目立たなくさせよう【処置は素早さが大切】 All Rights Reserved.